OPJ × BMX

0
    JUGEMテーマ:アート・デザイン




    OPJこと乙幡潤と出会ったのは、たぶん’95年。サイクルショーでのBMXチーム『ディスチャージ』のパフォーマンスを見た時だと思う。コンパネ製の巨大ランプを並べてBMXで様々な技を繰り出す迫力の演技。失敗すればアスファルトに激突と言う場所での大技連続に大興奮だった。それから多分5年間ぼくは、バンザイペイントとしてOPJのヘルメットペイントをサポートした。

    まあ、彼もとてもキケンな事をするので、骨折などでしょっちゅうギブスをして休んでいたけど、とにかく楽しませてもらったし、到底それをやる技術も度胸もない自分がヘルメットのお陰で関われる事が嬉しかった。彼のヘルメットペイントデザインは、スピードを競う物とは違って、回転を意識したりモチーフもラフな入れ方にしたりしてぼくなりに試行錯誤はしたけど、今思うとレーシングジャージとは違うTシャツやルーズな綿の短パンといった服装にはあまりマッチしてなかったかなぁ(笑)

    時は過ぎて、何年かに一度電話する程度になってしまっていたけれど、facebookを通じて彼の『復活』を知り、彼の息子も成長して父と同じBMXに乗って活躍するようになったんだなぁ…なんて思ってたら。久々に電話があって、今回のフレームペイントを頼まれたのだった。


    OPJの乗るバイクは昔から変わらずBMXの老舗mongoose。預かったモデルLEGION-L100はシルバーとマットブラックの渋いモデルだったが、木目にしちゃおうということになって、完全に塗り替えた。問題はスポンサーのロゴタイプをフンダンに入れたがるのでどう処理するか。普通にやるとロゴタイプステッカーだらけで芸が無いからね。こういうときは、ファブリカの片山さんに頼んで、文字を抜いた状態でカッティングシートをつくってもらい、これをマスキングにして文字を吹付けてから、汚したり周囲をこげた感じにぼかして、焼き印風にしてみた。ロゴとしては、ちょっと目立たないかも知れないが、引きが強いからみんな近寄ってじっくりみてくれるでしょ。

    「またすぐにギタギタになっちゃうんだろw」といったら、「いやぁ,昔みたいに無茶はしないっすよw」というけど、信用はしてません(笑)きっちり丁寧に仕上げた作品が宙に舞うのが楽しみです。

     


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM