カーパーツその2

0
    JUGEMテーマ:アート・デザイン



     事故、改造等による交換で、不用になった自動車パーツは、需要があれば中古車市場に出回ったりリサイクルされたりするが、多くは産業廃棄物としてゴミになってしまう。でも、このゴミはかなり魅力的で、きっと子供なら、いやいい大人でも「何かにつかえそう…」と言って、持ち帰りたくなりそうなパーツも沢山あったりする。けど、今時そんなもん3LDKのマンションに持って帰ったらお母さんにしかられるに決まってる。仮に運良く部屋に持ち込めても、「絶対なんかに使えそう」なのだが、その「なんか」は永久に見つかる事はない。あるいは「よしこれを加工すればクールなテーブルになるぞ!」なんて思いついたところで、加工技術も工具も場所もなくて『いつか…』と思っていると、ある日IKEAに行ったりして、「なぁ〜んか。こっちの方がいいかも…」ってなオチになってしまうと敗北ですね。

    でも、ぼくは違うのだ。貰って来たらカスタムペントでもって、必ず絶対意地でも生まれ変わらせて、廃棄の運命を変えてみせるさ。プロだもんあははは。





    と言うわけで、ゴミの中からメルセデスのフロントグリルを3つゲット。車のライトがお目目なら、グリルは鼻か口といった感じのところですね。これを、壁面に飾れるように裏面を加工、綺麗に磨き上げてからから、グッと睨んで目に浮かんだものを描く。というかそれにしてしまえば多分正解です。


    まずはウッドだ。一見木彫りにみえるでしょ。まあ木目からすると、パイン材か杉材ですがね。お部屋の白壁に掛ければなかなか美しく、木の温もりを感じさせます。お客様にあっては「おっこれベンツですか。木製のグリル?…え〜絵なのこれぇ!はぁすごいね。あはは」と空気が和む事請け合いです(笑)


    そして葉っぱ。これはクヌギの葉ですね。ちょっと難しい事してますね。ベースのクロームメッキを生かして、キャンディー色(カラークリア)で仕上げてメンソールのような爽やかさ。お部屋に置けば、お子様のカブトムシも大喜びですね。


    さらにメタリックと特殊偏光塗料を使って羽根で埋め尽くしたモデル。見る角度や光のあたり具合で色が変わって見えますねぇ不思議ですねぇ。実はこの塗料1ℓ弱で10万円もする塗料なんですよ。贅沢でしょ?びっくりするでしょ?あ、でも20ccぐらいしか使ってませんけどね。うまいんで、っていうかケチなんで(笑)



    2013年12月現在この3点は原宿トーキョーカルチャートbyビームスで取り扱いいただいてます。興味ある方は是非お問い合わせください。ね。


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM