らくがきバーキンさん その三

0
    JUGEMテーマ:アート・デザイン




     ライトブルー、カフェオレ色、ミッドナイトブルーと来て4人目のバーキンさんはブラウン。今度は、バッグ自体を何か生物に見立てて、内部が見えている様なイメージでいく。今までもいくつかの作品で使って来たイメージなので、構成は迷わないんだけど、マスキングをしっかりしなくてはならないのに、相手が柔らかい皮なのが難題。マスキングテープもすぐに浮いてしまうためシャープなラインを出すのが超難しいのだ。ましてやカッターを使うなんて考えるだけでもぞっとするしね。結局型紙を切って、スプレーのりである程度固定して、浮き上がるのを手で押さえながら吹付けた。



     力強さは欲しいけど、怖さキモサが前に出過ぎないように描き込み過ぎには注意。技は見せない技で寸止めるべし。
    柄もデカイし前後のパネルいっぱいに入ったし、結構ぎりぎりでしょ。と思いながらマスキングを取って眺めてみると、色味が少ないからか、どうも物足りない気に入らない。しかし、変に鮮やかな色を入れると安っぽくなってしまう可能性大…どうしたもんか考えようとちょこっと横になったらそのまま爆睡。しかし翌朝目覚めたら全く悩まず「ま、こうするだな」という感じで即断するんだから睡眠は大事だね。側面にも柄を入れた上に、金箔でアクセントを付ける作戦だ。国産の本金箔なら安っぽさは無いし、金属色は渋さをキープしたまま色味を加える事ができるのだもん。接着にはエポキシが吉で無事完成は、題して『Body』これでバーキン4個無事完了〜!…なのにつづく


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM