らくがきバーキンさん その二

0
    JUGEMテーマ:アート・デザイン




     バーキン/ライトブルーの次はコーヒー牛乳、いやカフェオレみたいな色の大きなバーキン。しかし、ポンと置いてしゃんと立つのにこのしなやかな皮はどうよ。皮だけではないぞ。この縫製仕立ての良さには本当に驚かされる。ペイントするにあたっては、構造をよく観察するのだが、表も中も底もハンドルも金具の取り付けもステッチも一部の隙もなく完璧。100万円を軽く超える価格は確かに高額だけど、じっくり観察すると手のかかり具合にはさらに驚愕する訳です。中途半端じゃないってすごいのだ。究極の職人魂を見せつけられたら、こちらも真剣になる。だけどもあまりに真面目で固くなっては、面白みと言う物が無いから、真剣に適当な事をやる姿勢をキープしないとね。



     …と言う訳でこのフランスの職人魂を眺めるうちに、2頭のお馬さんがひひーんと立ち上がる姿が見えて来た。しかし並べてみると、ちと固いのでファイヤーも燃やして元気な感じを加えよう。これに関して難しいのはこの色。こういう上品な色は、自分ではまず選ばないから迷いが生じる。ま、こういう場合はやはり上品な印象を生かして同系色で渋くまとめる方向が吉だな…だけどやってみたら思ったよりちょっと締まらない感じで、一日考えて、サイドパネルを馬と同じエスプレッソブラウンに塗ることで決着でバッチリ”HORSE”。



     そして次は、一見黒に見えるほど濃いミッドナイトブルー。こちらは思い切ってヨゴシ感覚でラフに仕上げたくなっちゃうね。しかし相手がバーキンとなると緊張感はマキシマム。最初のSkull Heartのようなのは描写力が問われる訳だけれども丁寧にやればリスクは少ない。しかしスプレー缶でババっとヨゴスのは、言わば度胸一発。偶然の幸運を引き寄せるイチカバチカのロシアンルーレット。後は何が起きても大抵リカバリーしてきたじゃないかという自信が、不安だけどちょっと味方(^_^;)…そんなこんなで、タイトルは"Pleasure"として無事着地成功。 つづく

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM