たたずまい

0
    JUGEMテーマ:アート・デザイン




     パートごとに仕上げていると、これが何なのか忘れてしまいそうだが、照明器具です。一度ばらすと完成まで組み直す事は滅多にないが、常に意識するのは完成し組み上がった時のたたずまいであります。

     本が積み上がる台座はクロームメッキのスチール製。本同様に葉っぱで埋め尽くすのは同じ。メッキ製品はとにかく指紋が残りやすいので、慎重に拭き上げてよ〜く確認したらミッチャクロンマルチをひとかけして真っ先にクリアで覆ってしまう。ミッチャクロンはその名の通り塗料をしっかり密着させるプライマー。無色透明なのでメッキの輝きや写り込みを生かす事が出来る訳です。クリアが硬化したら表面を耐水ペーパー#1000くらいで研いで荒らす。その後綺麗に拭き上げてから葉っぱのマスキングを貼って…後は本と同じにシャドウを付け着色してクリアコートだ。本の表面は艶消しだったけど、台座は光沢仕上げ。艶消しは反射しないので色や形に比重を置く場合に効果的。一方光沢仕上げは面ごとに反射するので、角がピシッと見えて固い印象になる。色柄を統一する代わりに、質感の違いで変化を付ける作戦なり。故に台座天面は特に念入りに鏡面磨きも重要事項です。



     さて最後は笠=ランプシェード。表面はカーテンのように波打つ布地だが、内側は白いプラスチック板。これに黒で柄をいれると、点灯時に柄が浮き出るに違いないなぁ…それ楽しそうだし雰囲気いいでしょ。柄は意地でも葉っぱっぱ。マスキングを約300枚ほど用意してばらつきを見ながら張り込む。黒で隙間を塗りつぶしたら、マスキングを取って艶消しクリア仕上げだ。



     さあ、すべてのマスキングを外して慎重に組み上げたら完成。ソケットもバラして組み立てたので、再度点灯するか確認も忘れずに。これにてBook of Look『森の女王』完成です。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM