ネガポジプリント問題

0
    JUGEMテーマ:アート・デザイン


     一年ぐらい前から暇を見ては作品の画像を整理して来た。貸し出し用やウェブサイト用の画像やらポートフォリオやらいろいろに使うからね。画像データはプロのカメラマンに撮って頂いた写真を中心に時系列でプロジェクト毎にフォルダーを作って整理。以前はどこのフォルダーか分からなくて何時間もMac内を探しまわったりしていたのが、おおよそ改善された。



     しかし、画像データとして整理できるのは、だいたい2003年以降の作品。ではそれ以前の約10年分はどうかというと、実は一冊分のスライドアルバムと未整理で色んな箱につっこんでしまってある沢山のポジフィルムやネガフィルムそれにプリントなのだ。プリントはこれまた一流のカメラマンに撮って頂いた物ばかり。どれも作品の実物よりすばらしい写真(笑)で大切に保管してきたんだけど、整理するとなると困るのが写真のサイズ。ぼくが持っている大判の写真プリントは六つ切り(203mm×254mm)、四つ切り(253mm×305mm)が多いんだけど、それぞれにワイド版もあるし、さらに半切りや全紙のプリントもある。それに六つ切りより小さいのも数十枚あってサイズがばらばらなので、悩む悩む。さんざん考えた挙げ句六切り〜A4サイズ用のファイルを2冊と四つ切り〜四つ切りワイドの入るフォルダーを一冊買って、それより大きいのと小さいのは…後ほどと言う事でひとつ。しかしすっきりしないねどうも。
     
     で、気を取り直して土日に着手したのが、リバーサルフィルム(ポジ)とネガ。ポジも4×5(シノゴ)に645、66、67、69といろいろあるブローニーフィルム、それに一般的な35ミリと種類が多いんだこれが。それぞれ専用のポケットの付いたシートに入れてバインダーに閉じるんだけど、4×5以外はカットしてないもの(スリーブ)とカットして保護袋やスライド用のマウントに入っているものが混在しているので、バインダーも10枚単位の追加シートもどんだけ用意すればいいのか悩む訳です。さらに以前から持っているバインダーと同じHAKUBAの『Slide Album』で揃えたいと思ったらもう製造中止で入手できないと知ってがっかり。仕方ないからさんざん悩んでフジカラーの『REVERSAL FILE』ってのにしたんだけど、届いてみればなんだか100円ショップに売ってそうな安っぽいヤツでええええっ?!これが定価1500円もするんかい!ってな感じだけど、もう疲れたからとりあえずいいや。90年代の自分で撮ったネガは多すぎて全然足りないし、4×5のシートだけどっさり余るし…はぁ〜あやれやれぼよんだ。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM