緊急高速制作ミニ四駆

0
    JUGEMテーマ:アート・デザイン

     ああ、3月に入っちゃった。2月は思いついた事の半分もできなんだ。とほほだね。昨日の大雪も嘘の様に溶けて流れて消えて行く。スキーおじさんきっとしょんぼりだね。
    さて、コンクリート製のテレビ台は、強制乾燥無しでじっくり硬化中。その間に先日黒く塗ったミニ四駆に着手。早くしないと約束締め切り過ぎちゃったごめんなさい。


     
     さて、ミニ四駆といえば、長男が5、6歳のころ大ブームがあって、よく作らされたもんだ。ノーマルで組み立てたのは最初の一台のみ。あるときレースイベントに連れて行ってすごく感じの悪い親子のマシーンがめちゃくちゃ速くて、バカにされ臥薪嘗胆。結局ぼくがムキになって、スゴイ名前の高回転モーターに変更。ボディーを極限まで肉抜きし、カーボン製のバンパーを取り付け、タイヤはハイグリップのスポンジタイヤ、ローラーもベアリング入りの金属ベアリング採用で高速改造に勤しんだものだ。結局レースには出なかったけどね、出ればたぶん世界最速でコロコロコミックに出ちゃったはず(笑)
     
     …とまあ、それなりに思い入れはあるが、今回は被災地のこどもを対象とした震災復興応援活動『ミニ四駆工作教室』にプロのカスタムペインターとして参加だ。従って、かつてのような改造テクニックを駆使して勝てるマシーンを作りたい気持ちは置いといて、改造無しのペイントだけで勝負すべしと自ら決めたのね。ならば子供の思いつきをそのまま上手に仕上げるまでだ。



    …で、これがぼくの答えです。「なぁんだ、倉科さんまたヒョウ柄?」とか言われそうだが、ちっちっちっ…よく見てくれたまえよ。これはヒョウではなく陸上最速チャンピオンのチータです。ほら柄が輪っかじゃなくてブチでしょ?あはは。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM