9:2

0


    昨年のゴールデンウィークに実家の山で採集したカブトムシの幼虫7匹が羽化。そして夏の終わりには飼育箱の中には130匹を超える幼虫が居てびっくり。ここで調べると一匹の幼虫がさなぎになるまでに食べる腐葉土は約3キロと分かり、では130匹だと390キロ(!)ええぇ!そんなに。でででは仮にこれの半分が♀になって一匹が20個の卵を産むと翌年は1300匹の幼虫ってことで、これに必要な腐葉土は3900キロすなわち約4トン…トン?!ぼくは立派なカブトムシブリーダーここは完全に養殖場…みたいなことを想像してびびり、折よく遊びに来た長野在住の友人に130分の120匹のリリースを依頼。あの子たちどうしたかしら?

    で、こちらは10匹と思ったら11匹の幼虫がすくすく育って先月から続々と羽化し、先週頭には見事11匹すべてが成虫となり地表に出てきた。最終的には11匹中9匹が♂残り2匹が♀ということに。あれ?♀少ないのね。今や夜になるとガサガサと活発に動き回りひっきりなしに羽根を広げて飛び上がる。しかも水槽のコーキングにしがみついて上まで這い上がりふたを押し上げて脱走すること3回。だから目が離せない。もともと子供の為に採って来たはずなのに、今や家族内では完全にお父さんの趣味ということになってしまっているもんだから、エサやりはもちろん飼育ケースの掃除やらコバエ採りやら結構忙しいんだよね。先日近所の親子が欲しいというので3匹差し上げた。逃げてなければ現在♂7♀1のはず。


    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM