OPJ × BMX

0
    JUGEMテーマ:アート・デザイン




    OPJこと乙幡潤と出会ったのは、たぶん’95年。サイクルショーでのBMXチーム『ディスチャージ』のパフォーマンスを見た時だと思う。コンパネ製の巨大ランプを並べてBMXで様々な技を繰り出す迫力の演技。失敗すればアスファルトに激突と言う場所での大技連続に大興奮だった。それから多分5年間ぼくは、バンザイペイントとしてOPJのヘルメットペイントをサポートした。

    まあ、彼もとてもキケンな事をするので、骨折などでしょっちゅうギブスをして休んでいたけど、とにかく楽しませてもらったし、到底それをやる技術も度胸もない自分がヘルメットのお陰で関われる事が嬉しかった。彼のヘルメットペイントデザインは、スピードを競う物とは違って、回転を意識したりモチーフもラフな入れ方にしたりしてぼくなりに試行錯誤はしたけど、今思うとレーシングジャージとは違うTシャツやルーズな綿の短パンといった服装にはあまりマッチしてなかったかなぁ(笑)

    時は過ぎて、何年かに一度電話する程度になってしまっていたけれど、facebookを通じて彼の『復活』を知り、彼の息子も成長して父と同じBMXに乗って活躍するようになったんだなぁ…なんて思ってたら。久々に電話があって、今回のフレームペイントを頼まれたのだった。


    OPJの乗るバイクは昔から変わらずBMXの老舗mongoose。預かったモデルLEGION-L100はシルバーとマットブラックの渋いモデルだったが、木目にしちゃおうということになって、完全に塗り替えた。問題はスポンサーのロゴタイプをフンダンに入れたがるのでどう処理するか。普通にやるとロゴタイプステッカーだらけで芸が無いからね。こういうときは、ファブリカの片山さんに頼んで、文字を抜いた状態でカッティングシートをつくってもらい、これをマスキングにして文字を吹付けてから、汚したり周囲をこげた感じにぼかして、焼き印風にしてみた。ロゴとしては、ちょっと目立たないかも知れないが、引きが強いからみんな近寄ってじっくりみてくれるでしょ。

    「またすぐにギタギタになっちゃうんだろw」といったら、「いやぁ,昔みたいに無茶はしないっすよw」というけど、信用はしてません(笑)きっちり丁寧に仕上げた作品が宙に舞うのが楽しみです。

     


    SPACE EXPO 2014

    0
      JUGEMテーマ:アート・デザイン

       夏休みも後半ですが、そういえばTシャツのデザインをやりました。現在幕張メッセで開催中の宇宙博用です。





      宇宙博Tシャツなので、スペースシャトルのカスタムペイントプランのスケッチをそのままドンと入れたやつにしました。科学的な理屈は置いといて、スペースシャトルをペイントしたかったなぁと言うやつ。Tシャツのグラフィックなんだけど、実際にペイントする事を想定して考えたので、宇宙規模っつうわけで、『SPACE SCALE』とステンシルで入れました。スペースシャトルをよく見ると、表面には細部に渡って色んな文字が入っているんだけど、結構ステンシルで吹付けてたりするんだよね。その感じです。





      で、もう一型は、文字だけのやつなんだけど『太陽系Tシャツ』です。こちらは地球=EARTHを10pt.とした時に、太陽系の星がどのくらいのサイズかを大きさの倍率かけてそのまま構成してみたらこうなったという無茶なデザイン。 太陽=SUN は、地球の109倍あるので、1090pt.で思いっきり切れちゃう。それに対して、あまりに小さいので数年前に準惑星に降格しちゃった冥王星=PLUTOは0.18倍なので1.8pt.というシルクスクリーンプリントの限界を遥かに超えた小ささになっちゃうんだけど、無理矢理お願いしたら、虫眼鏡で観たらなんとなく読めるくらいには刷れてます。でっかい展示物観た後で小ちゃい文字をご確認ください(笑)


       クリアホルダーや缶バッジもあるみたい。残念ながら会場のみの販売ですが、宇宙博にお出かけの際はチェックプリーズ。


      GRAY WOLF

      0
        JUGEMテーマ:アート・デザイン

         HERMES社のBIRKINバッグは一個100万円以上する高級品。ペイントするにあたって、実際に触れながら細部を観察するとまさに、デザインと素材と技術が絶妙のバランスで支えあう完璧な商品なのがよくわかります。

        普通バッグは裏返した状態でミシンをかけてまとめてからひっくり返すんだけど、エルメスは絶対裏返せない。と言う事は、一体全体職人さんはどうやってこれをまとめあげるのか全然分からないのです。一見普通に見えるハンドル(持ち手)の付け根だって、指1本入らないような隙間の奥まで太い糸で均一にしっかり縫い付けられていて、下手なアウトドアブランドのバッグよりよほど頑丈な作り。なのにとても柔らかい牛皮を使っていて、無造作にポンと置いてもシャンと立ってへたり込まない倒れない。ほんとにすごいバッグです。もちろん内側まで同じクオリティーで同じ色。そういう訳で、バッグの内側には手を出せないし、折角の凝った色なので、ここはHERMESに敬意を評してベース色を生かしたペイントを考えましょう…だけどこれが難儀なのよね。




         先にやった黒ヒョウは強いて言えば青なんだけど、「セルリアンブルーの印象があるものの、ほんの少しの緑味と上品な濁りのある青」といった感じ。そして今回は、「ラピスラズリというか生の顔料のコバルトブルーの様な鮮やかさを保ったまま深い暗闇に潜む青」…とでも申しましょうか。まあ一言で言えば難しい色なんです。とくに今回の暗闇のコバルト色は、対向色が決め辛い。明度的にも彩度的にも悩むことになります。

         そこで、考えたのは灰色オオカミの毛皮仕様。ただし、毛皮だけでオオカミと分からせるのは難しいので、少し遊びを入れてモチーフでもコントラストを付けて行こうと言う作戦です。最終的に男性用というのがデザイン決定のポイントでした。

        …と言う訳で制作プロセス動画です。


        BLACK LEOPARD

        0
          JUGEMテーマ:アート・デザイン

            エルメスの名作バッグ、バーキンを初めてペイントさせて頂いたのは7年前。とてもスペシャルな方のスペシャルなイベントの為に制作させて頂いた。今回でバーキンは…えーと、多分16個目。有り難いことでございます。


           

          先日制作したのレーシングヘルメットとの違いは、もちろん素材の違いは大きいんだけど、デザインを大きく変化させるのは使用環境と使う人なのです。まずヘルメットの場合の条件は…


          ヾ超は屋外。

          100m以上の距離で色を認識させる。

          30mで何が描かれているのかが分かる。

          10mから高速で目の前を通過する時のインパクト。

          ザ甦鵑辰討澆浸にはがっかりさせないクオリティー。


          従って、使用する色は、コントラストを高く、補色も多用してとにかく遠目に鮮やかに見えるように工夫する。一方バッグは、通常100m先から分かるほどのコントラストや鮮やかさは望まれないし、洋服を来て持つことを考えると、色調も押さえないとバランスが取れない。でも、近寄ったときのインパクトや精度、それから耐久性も重要なポイント。で、室内で(たぶん夜)見せることが圧倒的に多いでしょうね、と想定する。


           いままで、ヒョウ柄を含めて獣毛は随分描いて来て毛並みの表現については、ある程度自身もあるので今回は黒ヒョウをモチーフに少しアレンジにトライしてみました。知らない人もいるけど、黒ヒョウはヒョウの変異種で全身真っ黒に見えて、よく見ると輪っかの柄はちゃんとあるのです。それを今回は偏光塗料(カメレオンカラー)で変化を付けつつ、手描き感を損なわないように、獣毛表現は口径0.18ミリのiwataCM−SBエアブラシにて究極の細部描写(笑)塗料は染めQHouse of Kolorを使用しています。

          制作過程を動画にまとめてみました。マスキングから完成までノーカットで約3分。音楽は次男が中1の時GarageBandで編集したものを本人の許可を得て使用してますがちょっと盛り上げ過ぎだったかなあはは。


           


          真夏の夜のヘルメットペイント

          0
            JUGEMテーマ:アート・デザイン

             よく『倉科さんは、一般の人のオーダーも受けるんですか?』という質問を受けます。もちろんお受けします。年中無休で面白い仕事大募集。ただし既存デザインのレプリカや永ちゃんとかミッキーさん描いてみたいなのはご勘弁をw




            さて、久しぶりのヘルメットペイントです。

            制作のために得た情報は、

            ー動車レース用ヘルメット

            ▲ルマの色はパールブルー。

            デザインは強そうで速そうな感じで、まかせます。

            い◆△修Δ瀬諭璽爐榔Ε▲瓦貌れてください。

            …以上。いいお客さんです(笑)

            ただし、自分の好き勝手に描いちゃっていい訳じゃない。彼がサーキットで風となり光となるストーリーのヒーローにふさわしい、力強いイメージを定着しなくちゃね、もちろんぼくらしい感じで。




             今回の製作日数は約10日。ヘルメットの素材はFRP製ですから塗料はウレタン塗料を使います。ウレタン塗装は大雑把に以下の3行程を繰り返すことで完成します。

            ‖付け研き(表面を荒らして塗料の密着を良くする)

            ⊃Г凌瓩付け、アートワーク(必要に応じてマスキング)

            クリアコート(塗装色の保護)

            写真では省略しましたが、マスキングを取る度に一度クリアコートして研いでいる訳です。その都度マスキングや塗装で生じる段差や塗装面の凹凸を落として次の行程に進みます。ラメを吹いたり、青くしたり、金箔をはったりする度にクリアコートしますから、このヘルメットでは完成までに 銑の行程を都合4回繰り返していることになります。


            | 1/182PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            << September 2017 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            recent trackback

            recommend

            recommend

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM